山﨑 友梨子さん
工学部経営工学科4年
私立福岡雙葉高校出身

データを適切に扱い、 正しく見る目が養われるのを実感

卒業研究では、胸腺腫や胸腺がんを切除した患者さんについて、これらのがんが再発するリスクと、別のがんに罹患するリスクのどちらが高いかを予測する方法を研究しています。今回は医師が治療方針の提案を行う上で役立つ情報を得るため、約2500 人分のデータを解析する予定です。私自身、研究を始めるまではプログラムにデータを入れれば、すっと結果が出るものだと思っていました。しかし、実際には何を知りたいのかによって手法や式、モデルが異なり、ここを誤ると出てくる答えは意味をなしません。それだけにデータの持つ意味を理解し、最適なモデルを選ぶことが重要です。学ぶなかで、世の中の情報を鵜呑みにしないで、データをきちんと見る目が養われていると感じます。