谷口裕暉さん
2017年3月
工学研究科 経営工学専攻 修士課程修了
KDDI株式会社勤務

国際学会で研究成果も発表でき実践力がついたことを実感

毎日、当たり前のように使っている携帯電話ですが、大学に入学した頃はどんな仕組みになっているのか、まったく考えたこともありませんでした。しかし、八嶋先生の授業をきっかけに通信に興味を持ち、八嶋研究室を選択しました。私が研究室で取り組んでいるのは、、受け手側に正しく情報を伝えるための誤り訂正技術です。卒業研究では、既存の誤り訂正符号について送信方法をくふうすることで誤り率を理論的な限界値まで持っていくことができ、3月にはマレーシアで行われた国際学会で研究成果を発表しました。もちろん結果を出せたことはうれしいことですが、私にとってはそれ以上に、研究にどうアプローチするかなどを考えて実行できる力が身についたことの方が大きな成果です。